はとむぎ劇場


コーヒー、霜で枯れちゃいました(^へ^
by rf-mesomeso

パソコン

去年の春、ちょっとひっかかることがあってサブとしてモバイルパソコンを購入した。

メインのパソコン・mac三四郎の処理速度が遅くなっていたり、そろそろ5年目を迎えるご老体であったりと、まあ、そんな類のひっかかり。

富士通のFM-Vがデータ通信契約で一万円。
安い! と飛びついたのはいうまでもない。
山間部故にいまだ光は来ず、ADSLはただでさえ遅いのに、三四郎の処理速度も確実に落ちている。
携帯にそれほどお金がかからない分、定額データプランを入れても十分お小遣いでやっていける。
Windowsは会社で使っているし、何も問題はなかった。
実際、高速データプランではないものの、若い分動きもいい。

の、はずなのに、実は写真がまともに送れないということについ先日、気付いてしまった(^^;)
写真を送るにはまず、WindowsLiveメッセンジャーに登録しなければならない。
登録をするとネット上のサービスが云々……

って、別に他人と共有したくなんかないやい!
メールを送れればいいはずなのに……

結局、三四郎で送る羽目になってしまった。

しかも昨日書いた「へちま」の記事用の写真も、UPされないし。

微妙に使いづらい。

何だか、一万円の意味がようやくわかった気がするよ。
[PR]
# by rf-mesomeso | 2011-08-08 20:32 | 日記

へちまの夏!

へちまの勢いが止まらない。

植えた本人ではないので何日目で花が咲いたとか、最初の実が生ったとかは不明だが、
先週の雑草取り以降、急激に勢いを増したのは確かだ。

ついこの間までひょろひょろと方向が定まらなかったツルが、いまはベランダを目指せと隣りのイトスギ(確か……)の側面を駆け上っている。

キュウリに毛が生えた程度の若干Vの字がかった第3号も、Vから『へ』の字へと変化しつつ倍位の太さになった。

その中でも、もっとも最初に形になり始めた『1号』と『2号』の巨大化が止まらない。

1号は全長約53cm。
垣根の枝が邪魔をして少々上部が曲がっている感があるが、ほぼ垂直に伸びている。
本日、落下防止の「受け」をつけてもらった。

2号は全長45cm
先週、草取りの際に重さで落ちないようにと「受け」を作ってやったのだが、その3日後には一回り大きな「受け」へと付け替えている。

どちらも太さは計測してないが、おそらく30cm以上あるだろう。

一体どこまで成長し続けるのか……
というより、どこで収穫したらいいのだろう?

そして『3号』はこの先『へ』の字からの変化はあるのだろうか?


暑い夏はまだまだ続く。
へちまの夏も、まだまだ続くのだ。
[PR]
# by rf-mesomeso | 2011-08-07 21:39 | 日記

アリスとアバター

久しぶりに、映画。

アバター以来だから、3ヶ月ぶり?
遅ればせながら、やっと見に行ってきた

ALiCE IN WONDERLaND もちろん3Demoticon-0148-yes.gif

今月はじめ すでに一足早く観た友人から
「画面が暗い」という話を聞いていた。

実際観てみると、なるほど 確かに暗い。
白の女王の白すぎるが病的ではないはずの肌が、
ほんのり青みがかっているのは気のせいか?

アバターと今回のALiCE 鑑賞した劇場は違う。
アバターは比較的新しく、もともと3Dの設備を備えていた劇場だ
対して、今回はもともと普通の映画館だったところ。
おそらく、3D対応の作品が増えてきたことで急遽 3D用の投影
装置を入れたのだろう。館も古いだけ合って 映像を投影する
スクリーンがくたびれているのか 背景が白い場所では汚れのような
カスレが見えたりした。

では館はともかく映像はどうか。

3Dである。ただし、「一応」とあえて頭につけさせてもらう。
というのも、明らかに3Dではない場面がある。試しに眼鏡を
あげたり下げたり……

やっぱり 3Dが感じられない場面では 眼鏡がなくても
普通に映画として見える。そしてときどき3Dになる。
飛んでいた蝶々がこちらに向かってくるときとか
アリスが穴に落ちる最中とか。

なんちゃって 3Dである。

考えられることは2つ。
ひとつは 最初は3Dとして撮るつもりではなかった。ということ。
作っていたら または製作の計画の段階で 3Dをちょっとやってみようよって感じで
試験的に入れてみた。

もうひとつは 全編3Dにするにはコストがかかりすぎる。ということ。
CGの場面は案外簡単にできるかもしれないが、アリスや白の女王 赤の女王など
人が演じるところは 髪型も3D対応にしたりしなければならない。
そういわれてみれば、人物の存在感が意外とぺっちゃんこだったような気がしないでもない。
それに 3Dにするには 眼鏡を使用したときの暗さも計算にいれなくちゃならないから
画像全体の明るさもあげなければならない。

見る側としては 中途半端に3Dにしてくれるなら いっそ今までどおりの2Dでも十分と
いいたい。普段から眼鏡を使用している友人には、二重の眼鏡がきつかったようだ。
私としても、アバターの館とは違う眼鏡で、重さが気になり耳がいたかった。


さて 3Dについてはここまで。

内容だが
大まかなあらすじとしては アリスの自立へのプロセス。
時は大航海の時代。ロンドンに住むアリスは 貴族の青年ヘイミッシュから求婚された。
その時代 貴族という階級は衰退しつつあった。
みなが 望む幸せな結婚 母の願い
だが アリス自身はどうしたいのかわからない。
そのとき丁度目にとまった 時計を持った白ウサギ(マクトウィスプ)を追いかけて地の底の国
アンダーランドへ。
そこは 彼女が幼いときに迷い込んだ不思議な国だった。
不思議の国の住人達は アリスを待っていた。
それはアンダーランドにある暦(予言の書)に 彼女が赤の女王の力の象徴である
ジャバウォッキーを倒し アンダーランドに平穏を取り戻すと記されていたから

しかしそれでは 地上と何も変わらない
みなが望む行動を虐げられる
自分の夢の中の国だと信じて疑わないアリスは みなが望むこととは違う行動を取る

自分はどうしたいのか?

結果的には 暦(予言の書)の通りになり アンダーランドを救うのだが
地上に戻った彼女は 自分の意思で求婚を断り
今は亡き 父親の事業を受け継ぐ

めでたし めでたし

ん?
アンダーランドを支配する赤の女王を倒す?
まあ 赤の女王の妹の白の女王のほうが統治者にふさわしいが
そもそも どうして赤の女王が白の女王から統治者としての力を奪ったのか?
そのプロセスがさっぱわからん。
パンフレットによると もともとの統治者は白の女王らしいが
それすら パンフレットを見なければきづかない。
それに お互い「女王」と名をつけているのなら アンダーランドを2分して
戦っている っていう設定のほうが ずっと理解しやすいのではないだろか

とはいえ この映画のテーマが「アリスの自立」とともに「世界の変化」だと
したら 赤の女王の支配によって停滞したアンダーランドの 変化への
カンフル剤として アリスが呼ばれたのだろう。

赤の女王にへりくだり生きる臣下やハートのジャックは
母や周囲の意見に振り回される アリスそのもの。

やはりアンダーランドはアリスが生み出した世界なのである。
夢ではなく 心の中の世界なのだ。

この物語の中で 一番おいしい役といえば チェシャ猫か白の女王か
ご存知チェシャ猫は自由気まま やりたい放題
ちゃっかり 物語の重要な場面で役にも立っていたりして

そして 白の女王。
浮世離れしているところがよいです。
吹き替えの声も その超マイペースな性格に良く似合う。
つねに両手を軽く挙げて ワルツでも踊るように歩く姿は
まさしくゆりの花

ちなみに 赤の女王の声は 朴路美か?
ときどき 代行のハミュッシュ・メセタに見えていたのは私だけ?

そうそう、最大の疑問。
白の女王の眉毛は どうしてブラウンなの?
[PR]
# by rf-mesomeso | 2010-05-23 11:43 | Cinemaよもやま

ふた を開けて、最初に出すのは

ド・レ・ミemoticon-0159-music.gif

今のレッスン場に移って一年。

例えば 防音室ではないけれど 
エアコンが ちゃんと効くとか
駐車場の心配をしなくてもいいけど
ロビーでいつも若ママ先生達が
井戸端会議とか

長所短所はある。

けれど 音の変化が良く分かるようになった

以前は レッスン室にエアコンがないからと
教官室でレッスンを受けいていた。

古いアップライト。
練習用に わざわざグランドピアノは使わないけれど
先生が来るまで引いていた レッスン室のアップライトの
音が忘れられなかった。
教官室のものとは 響きも音の硬さも違う

今のレッスン室は もとは他の業種の店屋だったものを
フロアを区切ってピアノ教室に改装したもの。

その割りに、防音がされてなくて隣のエレクトーンや
ギター教室の音が聞こえてくる。

そして ピアノの音。

冬の晴れた日は 夜でも乾いた 硬質の音。
とんがってる。

今日のように雨の日は 柔らかく厚みのある音。

家にある 電子ピアノでは こういかない。

アップライト グランド チェンバロ
ツマミをあわせれば どんな音だって出せるし
防音室がない家だって 音の大きさは自由自在。

けれど 音は平坦だ。
硬くもなく 軽くもなく 指先の少しの重みで音が伸びることもなく

冷たい。

最近 練習をしていない。

レッスン室に入って 先生が来るまでの少しの間 練習する。
その度に 練習してくればよかった と思う

それはきっと 木という有機物で出来たアップライトを引くからだ

電気の基盤と配線と金属板で出来たエレクトリックで無機質な箱の音は
やはり冷たい
[PR]
# by rf-mesomeso | 2010-05-19 23:38 | 日記

枕を変えてみた。

先週の木曜日。
とある寝具売り場の前を歩いていて、発見emoticon-0116-evilgrin.gif

980円の低反発枕。

基本、枕が変わっても寝れる人。
一度試してみたいと思っていた低反発枕が 980円

買わないわけがない!
ついでにカバーも新調emoticon-0171-star.gif

で、使ってみた。

1日目。
ちょっと 疲れた。
安いせいか、思ったより沈みが深くなく、首が痛い。

まあ、慣れるだろうと 2日目。
背中が痛い。おまけに、寝覚めもすっきりせず、変な夢を見る。

まだ、使いはじめだから と3日目。
朝から疲れてるって どういうことやねんemoticon-0130-devil.gif
おまけに、結構素材の臭い キッツイわemoticon-0132-envy.gif
ほんま ファブリーズでも染みこましたるか と思たわ

思わず関西弁でひとり突っ込みしてしもた 4日目
あかんわemoticon-0120-doh.gif
夢見悪うて最悪!
おまけに午後から偏頭痛は出てくるし
もう 我慢の限界

今日は 古い枕を使おう……

今度は 買うときに迷った1200円の羽枕を買おう

なんだか、さわり心地が旅行で泊まるホテルの枕みたいだったんだよね
980円に負けてあきらめたけど
やっぱり980円だった。

高級低反発枕は どんな寝心地なんだろうemoticon-0164-cash.gif
[PR]
# by rf-mesomeso | 2010-05-18 21:33 | 日記

林冲(りんちゅう)様!

豹子頭
といってもグインサーガではないemoticon-0103-cool.gif

梁山泊の雄 林冲の通り名である。
槍を扱わせたら宋国一と謳われるほどの、まさしく梁山泊を代表する猛者である。

最初の頃の彼は、「志」と「強さ」しか持っていなかった。
気性は激しく、美しく従順な妻を自分の好きなように扱う。

力しか知らず、それ故少年の目で「志」を解く宋江に自分に無いものを見たのか、
彼は宋江の掲げる理想に心酔していく。


乱暴者の傲慢野郎。
というのが、最初の印象だ。

だが彼は、劣等感の塊だった。
禁軍の師範という職を得なければ、彼はただの乱暴者で、
美しく家柄のよい妻を貰うこともなかった。
料理も上手で、口答えひとつしない妻の態度が、彼の神経をまた、逆なでする。
力は金。金は力。
禁軍の、国の上層部の権力者達の腐りようを目の当たりにしていた彼だからこそ、
宋江の語る、民のための国つくりという「志」に惹かれたのだろう。

そんな彼が変わったのは、自分のせいで妻が死んだことを知ったときからだ。
ようやく、自分が本当は妻を愛していることに気づいた。
いや、恋をしていたのではないかと、思う。
優しい言葉を知らない無骨者だから、そんな乙女チックな自分の心に
見てみぬ振りをしていたのだ。


典型的な大馬鹿者である。
しかしこの事件は、彼に自分は何者か? ということをようやく思い出させた、
ターニングポイントであった。

牢屋での暮らし。安道全と出会い、そして逃走。
禁軍師範時代には考えられなかった 「友」という存在。

無事、梁山泊に入れば現在の林冲の誕生である。


が、腐ってもそこはやはり 林冲
梁山泊に入っても 俺様節は健在だ。
とはいえ、やはりどこか箍が外れた感がある。

特に 史進と酒の席で話をしているさまは漫才のようだ。
そして やはり青蓮寺の罠にはめられ 無茶をし 馬糞集めの罰を受けたりする。

禁軍時代には叛徒を疑う目から逃れ、家に帰れば恋女房の扱いに困り
いろいろと苦労していただろうに。

そういうもの全部 梁山泊に入るために捨てて 
ただのやんちゃ坊主になってしまった。


それが 林冲である。
馬さえ乗れぬ運動音痴の安道全に 薬を作れと扱き使われている場面は
最初の印象からは想像もつかない。

騎馬隊を指揮し、原野にいることを好み、いつまでも自由でいたがる。

梁山泊の力を具現化したなら、きっと林冲の姿になるだろう。

力だけでは何も解決できず、誰一人救えないということを、一番良く知っている男なのだから。
[PR]
# by rf-mesomeso | 2010-05-17 21:32 | Bookよもやま

一日遅れの日記

b0009120_8161153.jpg休みは生活サイクルが乱れやすいemoticon-0101-sadsmile.gif

昨日も今日も、前日の出来事を書いていたら「日記」じゃないじゃんemoticon-0162-coffee.gif


昨日は お昼からお客さんとBBQ~
今月2回目デスemoticon-0171-star.gif

例によって 愛犬も参加。
でも、前回食べ過ぎて翌日具合が悪かったこともあり、
今回は お肉セーブ がかかり、ちょっとつまんなそうemoticon-0153-brokenheart.gif


夜の楽しみは、お土産にいただいたお酒で一杯emoticon-0167-beer.gif
ちょい 辛口風で美味しemoticon-0115-inlove.gif
昨日の夜は空気がちょっこし冷たかったので、
氷無しの冷でb0009120_8174769.jpg
[PR]
# by rf-mesomeso | 2010-05-16 08:21 | 日記

読書計画

しまった。
と思ったのは昨日の夜 23:50emoticon-0107-sweating.gif

予定では、本日客が来るので一日我慢して、
明日の日曜日に終わらせ、月曜日に書店に行こうと思っていたのに。

水滸伝 11巻。

つい、勢い余って読んでしまった。

だって、晃蓋が大変だったんだもん……

どうしよう。
月曜日まで待ちきれないかも
でも 明日の予定はまだ調整中だし


まったく、困り者だよ、水滸伝は。
おかげで読んでいない本が溜まる溜まる。
しかも、読み始めは18巻で完結だと思っていたのに、
いつの間にか19巻が発売されてる。楊令伝も読まなきゃならないのに、
ため息ものであるemoticon-0113-sleepy.gif
[PR]
# by rf-mesomeso | 2010-05-15 11:12 | 日記

週間ダイヤモンド

☆アップル丸かじり

アップル製品を使う人間には、2種類ある。

アップルが好きなアップルマニア。



使用している製品が好きな人間。

 私は前者である。

 アップルマニアの多くは、そのデザインに惹かれているといっても過言ではない。それほどアップル社の製品はスタイリッシュで高性能、且つ、遊び心に溢れている。

 なんだい、アップルマニアだからべた褒めは当たり前じゃないか。と思われるかもしれない。しかし、ニンテンドーDSiのソフトがダウンロードできなくても、仕事で使うマイクロソフトのofficeがパッケージングされていなくとも、有り余る魅力&性能があるのは確かなのだ。

 メインのmac三四郎君が調子を悪くしてから、この富士通二子ちゃんを使用しているが、サファリに慣れた体にはインターネットエクスプローラーはちと扱いずらい。しかもトラックパッドで2本指が使いえない! 当たり前だと思っていたことが出来ないのは、驚きと共に苦痛である。とはいえ、ウィンドウズにもよい所はある。それは、officeを使っているときにマウスの右ボタンでメニューがでること。まあ、私の三四郎君に入っているのは、更新しているとはいえ最新ではないので、今はマックのマウスでも出来るかもしれない。

 しかし、である。そんな不便があるにもかからわらず「次もmacを!」と言ってしまうのがマックマニア。そして周辺機器をそろえてしまうのが、アップルマニア。

 現在発売中の週間ダイアモンド。経済誌で、やっとアップルを扱ってくれた。というか、いまさらです。

 おそらく、先月発売されたiPadの勢いが止まらないことも加味されていると思う。

 アップルマニアとして、マック、iPodの次に手に入れたいもののひとつが、iPhon。
 いいね! あのフォルム。指先で操作する感覚!

 だけどどうしてソフトバンク!?

 docomo好きには悔しすぎるじゃありませんか。

 と、発売当時は思っていた。
 だが、今となっては別にdocomoでなくても……
 と思うようにもなってきた。別に、日本の携帯市場がガラパゴス化してきたのが嫌だとかではなく、単純に、docomoでなければいけない理由が見当たらなくなってきた。といったらいいか。

 先日、プチ同窓会を開いた。なんとその場に居合わせた十数人全員がdocomo使用者。「お、お前も?」「やっぱdocomoが一番だよな」なんて会話も。そんな中にいると、iPhon恋しさにソフトバンクに……なんて考えている自分が裏切り者のように見えて、ちょっと後ろめたくなってしまう。
でも、やはり十数人もいてみんなdocomoというのは、ちょいと気持ち悪い気がしないでもない
 
 幼稚園児じゃあるまいし。

 そんなわけで、時期携帯電話にiPhonを狙っているのだが、メールアドレスから@docomoが消えるのも、寂しいと思っている。

☆美術館

 2本目の特集名は、忘れてしまった。正直、あまり読み込んでいない。

 美術館の話である。
 春から夏にかけては、季節が安定しないせいか季節的なテーマに困るらしく、各誌美術関係の話題を取り上げることが多い。特に今回は、オルセー美術館の収蔵品が東京にやってくるということもあるだろう。
 
 十年ほど前、個人的にコレクターが自宅の一室を開放する、といった形の「小さな美術館」ブームが起こった。東京近辺では清里や長野に並び伊豆高原が近く、休日には幾つもの美術館を梯子した方もいるだろう。

 もちろん、現在もブームとはいわないが小さな美術館は健在である。

 そして近年、個人というよりもそれよりも大きな単位の団体、県が新しい美術館を作り始めている。
 巨匠・安藤忠雄の創る地中美術館。建築ユニットSANAAの金沢21世紀美術館。島全体に作品が点在する直島。

 かつて、日本における美術とは、「世界的に有名」な絵や絵画を見ることだった。それに重点を置かれ、展示もそっけないものだった。「さあ、これが世界的に有名な……」といわんばかり。それがいま、「これが私の好きな……」になってきている。体験型の展示になってきているのも特徴だ。美術館という建物にも意味を持たせ、一つの作品として在るようにする。中央だけでなく、地方の美術館でも、常設展示でも目玉の作品を置く。山梨美術館のミレーや、静岡の県立美術館のロダン館などあまりにも有名だ。

 バブルの頃は、個人が高額な絵画などを収集することがもてはやされたが、バブルが過ぎ、それらが分散されたことで美術品への敷居が低くなったということもあるだろう。

 個から全へ。誰かが持っている。ではなく、みんなのもの。こんな意識が、美術品だけでなく人や他のものにも向けられるようになったら、この世界はもっと、穏やかなものになるのかもしれない。

 美術品など見ても腹は膨らまない。などというなかれ。
 心のアンテナは誰もが持っている。そのアンテナにかかるものに出会えたとき、知らなかった自分の姿を見ることが出来るかもしれない。

~~~広告~~~
昨日も告知しました。
インテルの「作家になろう!」というページでお話を書いています。
興味のある方は、ご一読を。

著者名 深澤鹿乃
書籍名 キンノコ堂交叉天

古本屋の話です。
[PR]
# by rf-mesomeso | 2010-05-12 21:32 | Bookよもやま

蒼き鋼のアルペジオ

 さて、Bookよもやま。
今回も漫画です。

 少年画報社 ヤングキングOUR にて連載。
 らしいです。

 ちょいと調べてみると、角川書店さんから出ている「機動戦士ガンダム ギレン暗殺計画」
を前回書いていたとか。

 著者の Ark Parformance さんの作品を読むのは、実は初めて。
 前著の「機動戦士~」も読んだことはない。本の存在は知っていたけどね。

 感想としては、絵が、若いかなぁ。主人公の群像君が少年みたい。髪型かな。
 年齢的には20才前後くらい?
 戦う主人公らしい、まっすぐな気性が◎

 本のカバーイラストも、浮ついてないところが良い。
 硬派というか、物語の深さへの作者のこだわりが見えるところである。

 面白いと思ったことは、メンタルモデルと呼ばれる少女型の重巡洋艦以上の艦艇の意識体。
 その体はどんな物質によって構成されているのか?
 意識体ということは、彼女達が身に着けている衣装もきっと同じ物質で構成されていると考えられる。

 なぜ意識体が少女タイプなのか? と突っ込みたいところだが、そこは漫画読みとしては突っ込んではいけないところである。
 後書きにもあるように、新型魚雷だけではつまらない。物語には華が必要なのよ。

 そして、華を添えてもなお褪せることの無い、ダイナミックな海洋戦。
 無慈悲なメンタルモデル タカオと、人間というユニットが操るイ401。両者の比較として面白いのは、メンタルモデル の人間性だ。
 人間が近くにいないタカオやコンゴウのほうが、人間と共に行動しているイオナよりも表情も性格も人間らしい。イ401の乗員のひとり四月1日に気に入られているイオナだが、その表情に感情は乏しく、目も無機質感が漂う。会話から、メンタルモデルは時が経つにつれて適応しうる艦艇に顕現するらしいので、イオナよりも後から顕現したモデル達はより人間らしくなっているのかもしれない。そしてそのベースとなる情報の収集は、もしかしたら艦隊を裏切ってもまだ艦隊の情報データベースに接続する権限を与えられている、イオナが行っているのかもしれない。

 そしてその「感情」が物語を作っていく。
 事実、タカオとの戦いで群像が見せた「揺らぎ」がイ401の生死を分けている。
 
 タカオもそうだけど、イオナが群像の感情に引き寄せられているのは事実。

 この話、まだ1巻だからここまで。

 でも、最近のまったりとか、萌え~満載の漫画に食傷気味の方は、ぜひお手にどうぞ。
 巨大潜水艦とミサイルが空を飛び、万能潜水艦なのにちまちま補修作業をする。そして政府の思惑。ただのスーパー潜水艦によるハイテンション漫画じゃない。ここには、ちゃんと厚みを持った世界がある。

 2巻が出た暁には、もう少し突っ込んだ話をしてみればと思う。

 ちなみに最初に読んだときに、「琵琶湖要塞1997」を思い出した。
 興味のある方は、こちらもご一読を。
 そのほかの潜水艦関係は
 
 蒼のサンクトゥス
 沈黙のローレライ
 青の6号
 フルメタル・パニック

 など

~広告です~

 インテル様主催のページでお話を書いております。

 よろしかったら ご一読を……
 作品名 「キンノコ堂交叉天」
  深澤 鹿乃 名で書いております


 インテルのHP内からいけると思います。アドレスは下記

 www.intel.co.jp/jp/tomorrow
[PR]
# by rf-mesomeso | 2010-05-11 21:58 | Bookよもやま


最新の記事
パソコン
at 2011-08-08 20:32
へちまの夏!
at 2011-08-07 21:39
アリスとアバター
at 2010-05-23 11:43
at 2010-05-19 23:38
at 2010-05-18 21:33
カテゴリ
お気に入りブログ
最新のトラックバック
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧